旅行中も便利に利用するためには

プランの選び方

男性

条件を決める

東京へ旅行に来た時、ホテルの多さに驚くでしょう。ネットで検索するとあちこちでヒットするので迷ってしまいます。プランも充実していて、ホテル側もニーズに合わせてくれますが見つけるのにも一苦労です。時間をかけずパパッと探すコツとしては、条件を予め設定しておくことです。例えば、安いホテル一択で探すならサイトの比較を入念に行なったり、長期休暇をなるべく避けたりすることでお得に宿泊ができますよ。部屋にこだわりさえしなければ、割引なしで安く泊まれる場合もあります。

交通の便は大切

観光地が多い東京は、移動がほとんど電車かバスになります。そのため、ホテルを取る時は安い宿泊料金でアクセスがしやすい場所にすることです。ホテル側が駅やバスまでのシャトルバスを運行していると都心から遠く離れていても不便に感じません。ほとんどが無料で運行中なので痛い出費は避けられるでしょう。

設備の充実さ

安いホテルはどうしてもグレードが下がってしまいがち。ビジネスマンや一人旅ならいいですが子供がいるとそうもいきません。東京のホテルを探す時は、部屋の広さとユニットバスかセパレイトなど、室内を隈なくチェックすることも重要でしょう。小さいお子様がいる場合は、ベビーグッズの貸し出しが可能かどうかも重要です。

もっとお得に宿泊する方法

ねらい目は4月と12月の寒い時期!

必ずこの時期が安いとは言い切れませんが、GWに入る直前がねらい目でしょう。12月の場合はクリスマスや年末に向けて忙しい雰囲気がありますが、混むタイミングを除けば週末でも比較的安く取ることができます。

繁忙期を過ぎると安くなる!?

季節関係なく、繁忙期前や過ぎた後はホテルを確保しやすくなります。旅行客の数も安定してくる頃なので混雑も避けられるでしょう。ただ人気のエリアだと空室を見つけるのに一苦労するかもしれません。それを念頭に入れて東京でホテルを探します。

イベントが重なると高くなる

東京では多方面から人が集まるイベントを開催する機会が多いので、安いホテルは予約がすぐに埋まってしまいます。事前にイベントが開催されるかどうか予約の前にチェックしておくと満席といった残念な結果になりません。

早割だと安くなる

東京のホテルは高いと思われがちですが、ネットの早割を使うことで正規よりも安く宿泊することができます。宿泊の何日までに予約するのが条件で、前倒しするほど安くなるシステムです。

直前割りがある

宿泊サイトで最も安くなるのが直前割りです。当日に限定されたプランは半額以下で宿泊できるチャンスです。東京や他の地域を旅する人は当日限定を狙い、寝る場所を確保します。

広告募集中